クレジットカード会社は助けてくれません。

現金化サービスを行うことによって、現金化業者にとってはリスクはありませんが、クレジットカード会社にはリスクが発生します。
クレジットカード会社は顧客が返済してくれないリスクを回避するために、審査を行って顧客の信用度に応じてキャッシング枠を設けているにも関わらず、信用を裏切るような利用方法です。
そのため、多くのクレジットカード会社はショッピング枠の現金化は禁止しています。
ただ、現金化業者は現金化サービスのみを提供しているのではなく、「キャッシュバック付き商品の販売」という形でサービスを提供しています。
現金化のみのサービスであれば、カード会社の禁止事項に完全に当てはまりますが、一応商品の販売という形をとっています。
商品を買ってくれたらキャッシュバックも行う、という形です。
商品の発送は宅配業者に依頼し、顧客はカードで支払いを行います。
その商品自体には何ら価値はないものですが、こうすることによって形としては商品の販売になります。
このような手順を踏んでいますが、やはり規約に違反するかどうかは微妙なところです。
現金化サービスを利用することによって、クレジットカードを停止させられる場合もあるようです。
また、悪徳業者による詐欺などのトラブルも多いようです。
カード決済後に約束の金額より少なかったり、振り込まれなかったりするケースもあるようです。
こういった被害にあったとしても、クレジットカード会社の規約に反した利用方法なので、クレジットカード会社は助けてくれません。